トップ > コスメティックとモードの傾向

コスメティックとモードの傾向


秘密はコスメティックにあるのです

2009年。
今年のキーワードは☆ヌーディー☆軽やかさと華やかさ♪ 素肌以上に素肌っぽい質感を表現するのが今年のメイクトレンド。

ピュアなイメージをメイクアップで表現すると滑らかなヌーディ。
しっかりとプリマーでキメを整えたベースにリキッドファンデーション+ふんわりパウダー。

眉はやや濃いめ、たっぷりのマスカラ。

ピーチ色のチークで健康的な肌に仕上げる。

そんなメイクアップがトレンドの2009年。

春夏のフルーツカラーにもみずみずしいメイクアップがマッチしますね。

さて、今年のトレンドあなたは何を取り入れますか?

メイクアップだけに頼らず、日ごろのお肌のお手入れも怠り無く!

2008年。
今年のキーワードは☆ヘルシー&セクシー☆ ナチュラルビューティに大人のセクシーさがプラスされた・・・そんな感じ。

肩に力が入っていないように見える、メイクアップもより自然に見える
本当はしっかり気合を入れておしゃれしているし、メイクアップも手抜きなし!だけど、さらっとヘルシー&セクシーな雰囲気に見せる

もちろん、決め手はコスメティック!

個人的には、フェースリフトとボディリフトに関心が高まっています。
もちろん、私の場合は、優秀なコスメやランジェリー・・・そう、あまり努力をしなくても若々しくいさせてくれるもの、それが一番!
やっぱり、コスメに頼ってしまいます。

今年も美しく健やかで☆ヘルシー&セクシーで☆

2007年。
細い眉、ボリュームたっぷりのばさばさしたまつげにツヤツヤのリップグロス、そんなコケティッシュでキュートなメイクアップの流行も一山超えた気がします。 季節的な影響はとっても大きいですが、メイクアップもモードも、もっと健康的でFRESHなイメージに向かいます。

ただ、一昔前のナチュラルメイクではなく、しっかりメイクアップしているのに厚化粧に見えず、透明感のあるメイクアップがトレンドです。

何が違うと思います?
秘密は、コスメティックにあるのです。

テクノロジーの進化によって、コスメティックは機能性から質感を追求する時代になりました。
質感とは、布で例えるとシルクや木綿、ウール、カシミヤ等、それぞれの違った感触のことです。使用するコスメによってメイクの仕上がりは決まります。

メイクアップで代表的なのは、マットと言う言葉ですね。
艶の無い質感のメイクアップで、一昔前に流行りました。

さて、2007年。
キーワードはピュア。
健康的でFRESHな印象のメイクアップが新鮮。
秘訣はやはり、丁寧な肌づくり!
(もっとも私たちプロの間では、メイクアップは肌で決まる!と言うのは普遍的なセオリーですが) しかし、意外に手抜きなのがベースメイク。
一色のパウダーファンデーションを顔全体にブワーっと塗っておわり、そんなことはありませんか? 忙しい日常生活の中では、パウダーファンデーションは強い味方になってくれます。でも、残念ながらパウダーファンデーションでは透明感は出ません。透明感を出すには、透明感の出るコスメが必要です。

トレンド*コスメのセレクトした化粧品は、どれを選んでいただいても上質な質感に仕上がるものばかりです。
おすすめのプリマーコンシーラー(必要な場合は)、ファンデーション、パウダーをトータルで使っていただくと、プロもうならせる極上の肌が仕上がります。もちろん、単品での効果も優秀なものばかりです。
難しいテクニックは必要ありません。難しいのはコスメのセレクトなのです。

もちろん、アイカラーやリップなど、ポイント用のメイクコスメも繊細な質感のものをセレクトしています。 今までに無かった新しい質感をいち早く体験して、ご自分のものにしてください。

無料メルマガ【メイクで失敗しないための化粧品の選び方・使い方】

プロのメイクテクニックはもちろん、最新のコスメティックの紹介、選び方・使い方、ブラシなど道具類の手入れ方法からハリウッドのNew情報まで、トレンド*コスメがすべて公開します。

プロがメイクをすると若々しくなったり、綺麗になるのはなぜなのか、何が違うのか?
雑誌などでメイクのノウハウはたくさん掲載されていますが、多くの場合がイメージ先行のメイクアップ。もっと実用的で、身近で、効果的な判りやすいプロのノウハウをお届けいたします。

タイトル : メイクで失敗しないための化粧品の選び方・使い方
        (マガジンID:0000156619)
発行サイクル : 隔週
発行タイプ  : HTML形式  (HTML形式とは?
内容サンプル :  >> サンプル誌はこちらからご覧下さい。